※このブログではサーバー運用、技術の検証等の費用のため広告をいれています。
記事が見づらいなどの問題がありましたらContactからお知らせください。


【Minikube】ホストのターミナルからServiceへの接続を確立する方法

ssh kubernetes Minikube k8s サーバー開発

投稿日:2020年10月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Minikubeでローカルでkubernetesで色々テストしている際にはホストのターミナルからcurlなどをServiceに送ってデバッグする場面がよくあるとおもいます。 今回はMinikube環境でホストからServiceにアクセスする方法について解説します。

はじめに

Minikubeでローカルでkubernetesで色々テストしている際にはホストのターミナルからcurlなどをServiceに送ってデバッグする場面がよくあるとおもいます。

今回はMinikube環境でホストからServiceにアクセスする方法について解説します。


方法

sshで接続

minikube sshコマンドを使用するとkubernetes環境を構築している仮想マシンにssh接続することができます。この方法の場合、対象とするServiceのタイプには制限はないため、デバッグなどをしたい場合にはこちらを利用することをオススメします。

ターミナル
$ minikube ssh
                         _             _            
            _         _ ( )           ( )           
  ___ ___  (_)  ___  (_)| |/')  _   _ | |_      __  
/' _ ` _ `\| |/' _ `\| || , <  ( ) ( )| '_`\  /'__`\
| ( ) ( ) || || ( ) || || |\`\ | (_) || |_) )(  ___/
(_) (_) (_)(_)(_) (_)(_)(_) (_)`\___/'(_,__/'`\____)

$ curl
curl: try 'curl --help' for more information
$ curl 10.105.244.51:80
<h1>This request was processed by host: webapp1-clusterip-deployment-664dbb4554-d6wdh</h1>

仮想マシンのNodePortを使用する

対象のServiceのTypeがLoadBalancer、またはNodePortである場合には、そのServiceは仮想マシン(Node)のPortが割り当てられるため、仮想マシンのIPアドレスとNodePortを利用することができます。(ServiceのIPアドレスとポートについて詳しくは【Kubernetes】ServiceのIPアドレスとポートについての記事に記載します。)

ターミナル
$ minikube service --url service-redis-master
http://192.168.39.220:31584
$ curl 192.168.39.220:31584
<h1>This request was processed by host: webapp1-clusterip-deployment-664dbb4554-d6wdh</h1>
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

記事へのコメント
    
検索